見て聞いて知ること

macau

先日クライアント同行の出張で香港とマカオに行ってきました。両地を繋ぐ橋が出来たので、陸路約1時間でこの二つの場所は移動できます。とても近いこの二つの場所はそれぞれイギリスとポルトガルの租借地であった歴史があり、返還後の現在は中国の一国二制度の下統治されています。

香港は、ニュースなどでご存知の方も多いと思いますが、現在学生を中心とした人々が中国寄りの姿勢を示す香港政府への抗議をデモという形で示しており、各地でデモ隊と香港警察がぶつかっています。今回、香港へ立ち寄ることには慎重に検討が必要でした。クライアントの仕事の打ち合わせ場所に近いホテルを手配して頂き、歩き回らないことを条件に香港行きを決めました。デモ隊に間違われないようにマスクをするなと注意をされたり、デモ隊が黒い服を着ていたことから黒い服は着ないようにと言われたり注意が必要でした。現地ではホテルから300メートル圏内以外を歩くことはなく、危険を感じるような経験はしませんでした。とはいえ、現地の人々から「観光客が少なくなっている。ホテルが取りやすいからまた来て下さい」と言われ、海外の観光客も皆香港行きを控えている状況を実感しました。私は高校時代に香港に住んでいたことがあり、友人もたくさんいるのでそのような状況になっていることはとても残念でした。車の窓から住んでいたあたりのマンション群を見上げて当時のことを懐かしく思いつつ香港に別れを告げました。

香港に1泊だけして今回の出張のメインであるマカオに向かいました。マカオ訪問は初めてで、今回は中国との国境に近い新市街と言われる場所を訪問しました。訪れて驚いたのは、マカオの新市街はまるでラスベガスのようであることでした。カジノを中心とした大きな細長い建物の周囲をぐるりと囲むように高級ホテルが林立し、そのカジノ+ホテルの塊が広大な土地の上に何カ所も広がっていました。今回の訪問の目的はホテルの方々との商談だったのですが、カジノを含んだ複合施設が更に拡大をしているとのことで、とてつもない規模のエンターテイメントの場が増殖中であることが分かりました。アジアの一大IRとなることを目指し、アジア各地から観光客を呼ぼうとしているのだろうかと思ったのですが、よくヒアリングをするとホテルの方達が見据えるメインのお客様は「中国本土からの旅行者」であるとのことでした。確かにホテル内では中国の方達をとても多く見かけました。

さて、今回の出張で私が感じたのは同じ一国二制度で中国に統治されている近接した二つの場所の中国に対する意識の違いです。香港は中国からの独立を願って行動を起こしている、一方マカオは中国に寄り添い経済的な発展を目指している。

どちらが正解ということではありませんが、この極端な違いに驚きました。この感覚は実際に行って見てみないと分からなかったことでした。中国という巨大な国に対して香港、マカオ、そして台湾もそれぞれ異なるスタンスで異なる距離を取っています。そのようなことを肌で感じることが出来たことは大きな収穫でした。

世界は動いている。それは日本でメディアを通して知るだけでは想像しにくいものです。今回の経験は今後他国の理解にも繋がると感じています。

訪問した国の状況を現地の人からお聞きして学ぶ事はこれからも続けていきたいと思います。そしてその情報を出前授業で学生の方々にシェアして、世界に関心を持つきっかけとなれればと考えております。

ギフテッドと世界ビト

昨年よりギフテッドチルドレンの教育について調査を行っており、ニュージーランドの教育機関訪問、米国での世界ギフテッドチルドレン協議会の会議への出席など積極的に情報を収集しています。近々その調査結果をメディアで発信する予定です。

今までは「世界に羽ばたく子ども=世界ビトを育成すること」に従事して参りましたので「リエゾン・デートルは事業の方向性を変えたのか?」と不思議に思われている方もいらっしゃるかもしれません。

実は世界ビトを育てることとギフテッドチルドレンの教育について情報を発信する事は深いところで繋がっています。その共通点は「個性にフォーカスした教育とその活躍の場所」です。

弊社がご提供している「世界ビトになろう!」の出前授業では子ども達にまず「今、自分が何が得意で何に夢中になっているか」を問いかけます。私は好きな事や得意な事に気づき、それらの事をとにかく続ける事で、自信や能力が育つと考えるからです。日本の教育ではあまり個性を伸ばす事に重きが置かれておらずどちらかというと基準に合わせて子どもを育てがちです。その結果、自分の長所に気づくことが出来ずどこか自己肯定感が低い子どもが増えてきているように感じます。その状況を変えていきたいと微力ながら願い日々子ども達に出前授業で語りかけていました。

ギフテッドチルドレンとは突出した能力を持つ子ども達です。人口の約5%存在すると世界では言われています。しかしながら日本ではその存在自体が広く認知されていないことから能力に気づくことすら出来ずに埋没してしまっているケースが沢山あるように感じています。私はギフテッドの子ども達にも持っている力を伸ばして自信として活用して欲しいと考えています。

ギフテッドを含めて全ての子どもの「個性」を重んじて育成し、自分の能力に自信を持って日本という狭い世界だけではなく日本を含めた世界を視野に力を活かして欲しいと願っています。

現在、地球規模で世界が一つになり真剣に関わらなくてはいけないことが増えてきています。環境問題などは特に自国の事だけを考えている場合ではありません。大人も子どもも持っている力を活かして出来る事を考え行動に移していくそんな人材が育つように力を尽くしていきたいと思います。

 

出前授業の後で

pol-politics-ir

「世界ビトになろう!」出前授業をご提供し始めて8年目となります。授業の後に感想文を頂く事はあってもその後生徒の皆さんがどのように成長されているかを知る機会はなかなかありません。そんなある日メールが届きました。

2年前に授業を行った高校の生徒さんからでした。その生徒さんは授業のすぐ後に私の会社のホームページに連絡を下さり「もう少し詳しくお話が聞きたい」と言って下さったので学校の許可を得て個別でお会いした方でした。当時高校2年生だったその男子学生の方から先日メールを頂いたのです。

「世界ビトになろう!」出前授業を受けて世界と関わる事に関心が高まり、その後1年間中国語を学んだ上で、現在は台湾の大学に進学をされたというご報告でした。台湾の学生の皆さんと共に国際関係を英語の教科書を使って中国語で学ぶという環境に身を置いているそうです。「とっても大変ですが、やりがいがあります。自分の夢を実現するために今一生懸命勉強しています」との事。ご提供した授業の影響力を感じ身が引き締まる思いですが、自らのチャンスを世界に切り開いていった学生の方のコメントをとても嬉しくまぶしく読ませて頂きました。その後、この学生の方の出身校の先生にメールを頂いたことをご報告しましたら「他の学生も英語の勉強法について『筋トレと一緒だ!積み重ねだ!』とか、酒井さんの授業で話されていたキーワードをよく口にしていましたよ」とお返事を頂けました。

世界ビトとして生きていくこと。私はこれからの日本人にとって当たり前の事だと考えています。他人事ではなく自分事として世界ビトになる事を意識しながら必要な力を身につけていって頂きたいと願っています。弊社もそのために出来る限りの情報提供を続けて参ります。

 

日本の大学の一般教養は学生のやる気を削いでいる?

Alumni_Hall_1889_Sun「世界ビトになろう!」出前授業で大学を訪問する機会があり、時に大学生と一緒に国際交流のイベントを開催したりすることもあるのですが、最近とても気になるのがお会いする大学生の表情があまり明るくないことです。特に入学したての1年生からは「一生懸命勉強して入ったけれど大学の講義が面白くない」2年生からは「自由な時間があるから校外の活動に積極的に参加するのだけれど大学に通うこと自体には面白さを感じられない」という言葉を聞くことが多いのです。そのつまらなさからドロップアウトしてしまう学生も少なくないようです。

入学して1~2年間は専門科目のみならず一般教養と言われる幅広い内容の講義を受講することが可能です。興味対象を広げて教養を深めるという目的があるようですが、実際学生達は専門外の関心の薄い科目を選ぶこともあり単位取得の目的となる傾向があり学校側も専門課程ではないので課題やテストもそれほど厳しくなく受講すればOKというような扱いにしているところが多いようです。つまりはゆとりのある教養を学ぶ時間という位置づけです。その講義を多くの学生は「刺激が少ない」と感じているようなのです。

かたやアメリカのリベラル・アーツ・カレッジ(大学院を持たない少人数制の学部学生の教育を行う大学)でも入学当初は多様なサブジェクトを学び、その後専門を選ぶ事ができるという仕組みになっていて構造は似ています。ではアメリカでは人気の高いリベラル・アーツ・カレッジと日本の大学の一般教養の大きな違いはなんなのでしょうか。それは受講する講義の内容のハードさと人数だと思います。例えばアメリカのリベラル・アーツ・カレッジでは1コマの講義に対する必要な予習時間が約4時間でその程度の予習をしないと内容を理解することが出来ず参加も出来ないと言われます。またリベラル・アーツ・カレッジは少人数制で大学全体の生徒数が2000名程度、10名に対して1名の教授というような学生と教授の関係が緊密であるという特徴もあるそうです。2年間様々な分野の教育を真剣にみっちり受けた上で学生は専門を選択し時にダブルメジャーと言って複数の専門を並行して選択する学生も多いと聞きます。

この違いを知って個人的に私は日本の多くの大学は学生に対して彼らが真剣に学ばなくてはならないほどのチャレンジを一般教養の講義において挑んでいないのではないかと感じました。頭を振り絞って考える。必死で準備をして行く。先生と意見を戦わせる。そんな内容であれば学生も学び、考える楽しさを味わう事が出来て様々な分野に真剣に取り組むことで視野も広がる結果となると考えます。

これからの社会では一つの専門分野に特化するよりも多くの分野の共通性や関連性の理解が必要となってくると私は思っています。一般教養は自分の興味や関心を広げるチャンスです。大学がつまらないなどとは言わせないほど学生が真剣に取り組む授業を日本の大学でも提供して下さることを心から期待します。とはいえ、学びの主体は個人なので大学だけが悪い訳ではなく「自分がなぜこの大学を選び何を学びたかったのか」を考えて大学が標準で与えてくれている事以外は本当に学べないのかを再考してみることもお勧めします。大学と学生双方の意識改革が必要となっていると私は考えます。

世界に関心のない子ども達に授業を

55474767_2140933189319023_2375993573347688448_nお久しぶりの投稿になります。2月、3月は卒業前の小学校6年生向け出前授業が目白押しでした。中学入試が終わり中学校入学前の将来を子ども達が考え始めている時期に授業をと依頼される学校が多いのです。

「世界ビトになろう!」の出前授業を始める時の子ども達の表情は少し「何の話?」「世界?」「面白いのかなぁ」「自分とは関係なさそう」などとどこか「他人事」のような感じです。実際に小学生で海外に関心が高くて将来世界を舞台に働きたいです!と思う子どもはごく少数でしょう。それで良いのです。

「あまり具体的に世界のことは知らない」という子ども達にこそ「日本と世界の関わり」「日本人の働く環境のグローバル化」「英語や外国語を学ぶ必要性」「どんな力を身につければ世界ビトとして活躍できるか」などの情報は乾いたスポンジが水を吸収するようにすっと理解してもらえているように感じます。

授業が終わる頃には「自分も世界ビトになるんだ!」「得意な事を生かして世界と関わってみたい」「知らない国の人と会ってみたい」「英語が出来れば色々な国の人とコミュニケーションが取れるんだ」などの感想を持って下さいます。「まだ怖いし不安だけれど、これから世界と関わることが当たり前なら自分も出来る事を考えてみる」という子どももいます。

「世界ビトになろう!」出前授業は世界に関心のあるグローバル思考を持った子どもが対象の授業ではありません。どちらかというと「世界に全く関心のない子どもたち」に向けての授業なのです。急速にグローバル化する環境に「未知」の世界として突入するのではなく、これからは世界と関わるのは当たり前で今よりももっと世界が身近になるとしたらどうしよう?と「既知」の世界に余裕を持って参入していって欲しいと思っています。

「子ども達は世界に関心が低くて」「英語嫌いな子どもに動機付けが難しくて」とお悩みの学校にこそご訪問をさせて頂きたいと考えております。

視野が少し広がるだけで見えてくる世界は変わります。子ども達みんなが生き生きと世界ビトして活躍されることを願って授業を続けていきたいと思います。

なぜ先人は海外を目指したか。

img_56764692469bc7-thumb-autox404-43929

所属しているNPOはリタイアされた海外経験者の方々が主として子供達に経験を語るという活動をしています(私はリタイアしておりませんので行ってみればサポート要員です)。こちらの会でご自分達の若い頃は海外を目指して学び、海外で働くことは一種のステータスであったとよくお聞きすることがあります。先進国のみならず、新興国でその国の発展に寄与されたり、日本企業の展開に注力された方々ばかりです。

お話を伺っていて「なぜ今の子供達は諸先輩方の若い頃のように世界に出て行こう。世界で活躍しよう」という意識が薄いのだろうかと考える機会がありました。当時と今の違いは何だろうかと。考えて行き着いたのは「日本の状況の違い」です。

終戦後、日本は発展をしようと大きく変化をしていました。新興国と言われる国々を現在訪れると先輩達は「昭和の匂いを感じる」とおっしゃることが多いのですがそれはつまり昭和の時代は日本は発展途上で、アメリカやヨーロッパから成熟した文化、経済、技術を学ぶという姿勢だったから。現在新興国が元気で、活発なのはその国の人たちが発展を目指して活動しているから。

当時若者だった方達は世界により良い環境や情報を求めて出かけていったのではないかと思います。親戚が海外転勤をする時に家族全員で空港に見送りに行き、出発する人はどこか誇らしげな雰囲気だったのを思い出します。現在のアジア諸国の若者がアメリカや日本に留学したり働きに来たりしている状況と似ていると思います。

現在の日本は、先進国の仲間入りをしており世界都市を携える国となっています。ある意味で国として成熟しており、他の国を見習うことや目指す事をする必要がなくなって来ているのではないかと思います。学校で出会う学生の人たちも「日本は便利。日本に住んでいれば何も困らない」と口々に言います。

では、居心地の良い日本に住んでいれば良いかというと私はそうではないと思っています。ヨーロッパやアメリカでは移民の人々とどう共存するかが大きな課題になってきています。日本も徐々に海外からの居住者が増え始めており、諸外国の先人から学ぶ事がとても多いと感じています。同じ轍を踏まない知性が必要となります。また、これからは世界の情報を仕入れて世界規模で生きていく時代です。日本をコンフォートゾーンとして安住していれば、進化が止まり、それこそガラパゴスとなってしまうでしょう。日本に住む諸外国の人々により文化や習慣が築かれていくかもしれません(それはそれでありなのかもしれませんが)。

日本の住みよい環境、安全で便利であることをいかに維持し、かつ諸外国に対して独自の能力を示していくことが出来るかが私たちの役目なのではないかと思います。

それにしても、社会の変化は面白いですね。つい自分が経験したことを正として相手を見てしまう癖が人にはあることも肝に銘じて、私の提供する授業も学生の皆さんの状況や考えを想像したりしながら作っていきたいと思っています。

一概に「今の若者はチャレンジ精神足りない」というのは私は違うと思います。

やっぱり日本で働きたい?

IMG_7435

最近は学生の皆さんは海外との関わりの重要性を学校で学びつつあり、大学でも短期から長期の留学プログラムのあるところがかなり多くなってきました。世界に目が向きつつある中で就職に関してどのような考えがあるのか先日高校生と大学生にヒアリングをしてみました。

国際的な感覚を養う事に注力しており、英語力もずば抜けて身につけている高校の生徒の皆さんに聞いたところその多くは「日本の大学の国際系の学部に通い、日本で就職して海外と関わる仕事をしたい」との答えでした。また海外大学に留学中の大学生や日本の私立大学の生徒の皆さんにもお聞きしたところ同じように「日本で就職したい」という答えが返ってきました。

学生の間に海外留学をして「日本以外の国を知ること」「語学力を身につけること」を実践し、その上で「日本で働く」という選択を多くの学生が異口同音に答えるのです。数年前と大きく変わってきたことは「海外に一度は出てみることが大切。語学力は必須」という考えがデフォルト化してきていることです。以前は海外に行く人はどちらかというと少数、特別な存在でした。

日本で働きたいと思う背景には何があるの?世界を知っても海外で働きたいとは思わないの?と更に突っ込んで質問してみると「世界ではどの国でも現在就職難だと聞く。治安がよく、便利で労働者に対して手厚いサポートがあり、収入もある程度安定してもらえる日本で働くことが一番安心だと思う」という堅実な答えが得られました。

少し前までは世界で夢を叶える、日本を飛び出す事が格好良いという考えもありましたが、最近は日本をホームベースとしてそこから海外と関わり、日本へ戻ってくるという考えになりつつあるのだと実感しました。インターネットの普及などでどこにいても仕事が出来る環境となりつつあり、敢えて海外に住まなくてもよいということなのかもしれません。

そのような質問をした私自身もベースは日本で、毎月のように海外に出張ベースで出かけています。家族も日本にいますので、1人の人間としての生活もこの形が便利で良いです。

1つ気をつけていることは日本にいると情報が国内限定的になりやすいことと、あまりに安全・安心な国なので世界を視野に持ち続けにくいという事への意識です。世界が大きく変化し続けている事は常に意識して、英語で小まめに情報を得ることや海外に出て実際に現地で五感で感じることを大切にするようにしています。

学生の皆さんにも海外に出て、その時の「日本と違う」という感覚を忘れないで欲しいと思います。

「世界ビトになろう!」英語で出前授業を初めてご提供しました。

39172991_1838628722882806_8536199959807000576_n先日、秋田県教育委員会主催のスーパーイングリッシュキャンプという中学校3年生から高校3年生までの英語が好きな子供たちが集まり学ぶという行事にて「世界ビトになろう!」出前授業をご提供しました。今まで全国の小学生から大学生まで6年間出前授業をご提供して参りましたが英語で授業をするのは今回が初めてでした。今回は所属しているNPO国際人をめざす会の理事としてのお仕事でした。

英検準二級レベルの皆さんに通じるようにというそもそものお題があったのですが、英検準二級レベルの語彙やヒアリング力は想像するしかなく、試行錯誤を重ねました。スライドで投影する資料は出来るだけ直感的に理解が出来るイラストや画像を使い、こちらの話す言葉に反応してほしいので資料を読むことがないように出来るだけ文章は使わないようにしてみました。

準備を始めたときは通常の授業の資料を英語化するだけで出来るかなと思っていたのですが、進むにつれてなんとも胸騒ぎがしてきました。日本語で説明していた資料を英語で説明しようとするとロジックが異なり、なんだかとても回りくどくなってしまいます。意外と英語と日本語では物事を説明する際の順序や事例の出し方が異なることに気がつきました。

そこで資料は大きく削ったり、新しいスライドを追加したりとなりました。その作業は今までの授業の内容をある意味スクラップアンドビルドすることになりとてもチャレンジングでしたが、想定外に楽しい時間となりました。

英語でわかりやすく説明しようとすると、事例や言い換えが増えるために説明時間もかかってしまうことも分かりました。そこでまたしても資料の見直しと削る作業が発生。。。

授業の前日までああでもないこうでもないと作業を続けましたが、当日はその準備が功を奏して円滑に進めることが出来ました。当日若干日本語で補足をしても良いという主催者からの助言も頂けましたので、日本語でも難易度の高い「コンフォートゾーン」を広げる話などは日本語で短く説明も加えたりしました。

授業が終わり生徒の皆さんから感想文を頂きました。

「世界をつなぐ一人としての意識を持って英語に取り組んでいきたいです。外国の人との会話において理解と受け入れが大事という事を話されていましたが、日常生活でも大事だと感じました」

「今回の講義で『興味があることを掘り下げる』という言葉を聞いて英語をもっともっと掘り下げていこうと思いました。会話のキャッチボールを英語で沢山出来るようになりたいと思いました」

「今回の講義を聞いて将来の自分の夢を見つめ直すことが出来ました。将来の夢に対してなかなかめざすところにたどり着くイメージが出来ていませんでしたが、今回の話で挑戦することや自分の居心地のよいところにいてばかりでは何もプラスにならないことに気づきました」

などなど。それぞれの生徒の皆さんが自分事として感想を持って下さったことが感じられてとても嬉しい内容でした。

授業の最後に「挑戦すること」として「もし今回の授業で私に興味を持ってもう一度会いたいと思ってくれたら東京で会いましょう。口先の約束ではありません。勇気を持ってメールを送ってきて下さい。質問でも何でもご連絡下さいね」とお伝えしました。数日後、参加をした生徒のお一人から早速ご連絡を頂きました。何事も初めの一歩から。秋田の世界ビトたちに出会えて本当に良かったと思いました。ありがたい経験をさせていただき心から感謝しております。

 

 

 

 

英会話の基本は「あいづち」 (例文あり)

image_01-01[1]

先日、中高生がネイティブの先生と英語を学ぶ短期集中型のスクールを見学させていただきました。参加されている子供たちは英語が大好きで英語を学びたい意欲にあふれていました。英語しか話さない先生のおっしゃることを一生懸命理解しようと真剣でした。

参加をしている子供たちに「どのくらい先生のおっしゃることがわかっている?」と聞いてみたところ「ほとんど聞けている」と言っておりヒアリング力が高い事に驚きました。

ただ気になったのは子供たちに質問をしなくてはわからないほど、子供たちが理解をしているかどうかが表情や反応から見て取ることが出来なかった事でした。

先生が何かを話しても、真剣な顔で無表情。最後に「わかった?」と英語で先生が聞くと固い表情で「YES」と答えていました。

体育館で外国の先生にスポーツを習っているところでも先生だけが声を出し、子供たちはルールを理解して動くのですが無言でした。ボールの音だけが響く体育館はサイレントスポーツかと思うほど不思議な様子でした。

そこで気がついたことは子供たちは「あいづち」や「リアクション」の表現を知らないし使ったことが無いという事でした。確かに教科書ではそういう表現はあまり記載が無いし、普段会話をしていないために覚える機会も多くない。

日本人がシャイで反応しないとよく海外で言われますが、私はこの「あいづち」「リアクション」の表現を知らない事が大きな原因では無いかと気がつきました。

日本語の会話になると急に「そうだよね!」「そうそう!それね」「面白かったねー!」「まじ?やばくね」などリアクションにあふれている子供たち。それが英語に置き換わったらとっても会話が弾むのにと思ったのです。

会話はキャッチボールと同じで相手にリアクションを返すと言うことが大切です。

実はこの「リアクション」するということはSNSでの英語のコミュニケーションでも必要になってきます。あいづちを入れないとぶっきらぼうになってしまい、こちらの言いたいことを一方的に伝える人という印象を持たれてしまいがちです。

先日、SNSで海外とやりとりを始めたクライアントの日本人スタッフの方に簡単なあいづち集をお作りしましたのでご参考まで。

日本人が英会話を始める時にはまず「あいづち」の打ち方を覚える事を知っていただければ必ずや会話のキャッチボールが生まれます。相手に「わかっている」「わかっていない」を伝えるだけでも相手の方の安心感が大きく違いますので是非活用していただければと思います!

<あいづちの英語集>

わかりました。 Okay. / Understood. / I got it. / Sure. / I see.
その通りですね。 That’s correct. / You are right. / Exactly!
全くその通り Absolutely.
私もそう思います。 I think so, too.
なるほど I see. / Indeed. / That’s right.
本当ですか? Really? / Is that so?
それは良いですね That’s good! / Sounds good! / I like that.
良いですね! Great! / That’s nice! / Wonderful!
それはよいや! Cool!
それは良かった Glad to hear that. / Good to hear that.
素晴らしい! That’s wonderful.
それは興味深いです。 That’s interesting.
それは残念でしたね。お気の毒でしたね。 That’s too bad. / I am sorry to heart that.
それはひどい! That’s terrible.
それはありえない! No way. / You are kidding.
冗談でしょう? You must be kidding.
またそんなこと言って(冗談っぽく) Come on! / No way.
え?何ですか?(聞き返す時) Excuse me? / Pardon?
ちょっと考えさせて Let me see. / Let me think.
よくやったね Good job! / Well done! / You did it!
信じられない! I can’t believe it.
ありがとう Thank you. / Thanks. / Many thanks.