違う事に気付く、受け入れる。

私が良く訪れるウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」でインドネシアの方の講演内容が掲載されていました。第一回目のタイトルは「正解なんてない。ただ違っているだけ」。共感する箇所満載でした。http://www.1101.com/ikirubasho/talk/mega/2015-08-27.html

私が日本以外の国々を訪れて感じる事はやはり「日本との違い」そして「それぞれの国の違い」。

それは私というフィルターを通して感じた印象なのですが本当に色々と違うんです。生活習慣だったり、インフラだったり、サービスだったり。例えば新興国と言われる国でインターネットやスマホの普及率は日本より進んでいますし、先進国と言われる国でとてもマナーの悪い人がいたりします。絶対に謝らない傾向がある国もあれば、考えがコロコロ変わる人が多い国もあります。

一般的に言われている「進んでいる国、それを追いかけていると思われている国」という分類はあまりに大雑把で経済の発展を基軸に考えられているのかもしれませんが全ての事柄に当てはまる訳では決してありません。

それぞれの違いを「この違いにはどんな背景があるのかな?」「日本にはあってこの国には無いものは何?逆にこの国にあって日本にはないものは何?」と考え始めると相手の国を深く理解することが出来るのではと思います。

日本人は時々「日本が一番。日本と違うと嫌」と思ってしまう人がいますが、日本を好きな事は良いけれど日本と違う場合は好き嫌いではなく「違うんだ」とだけ思って受け入れてほしいなと思います。

特に日本の子供達にそんな柔軟な心を持ってほしいと願っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中