未来について

将来への不安を口にする人はとても多いけれど、未来を決めるのは自分たち一人一人が今何をするかにかかっていると思います。子供たちが安心して暮らせる未来は世の中の人が「発展」と呼び「便利」を追い求めている今の主流な生き方ではないのではないかと最近よく考えます。今はお金儲けをする事に気持ちが集中している人がとても多く、目先の欲を満たしていて、長い目で子孫の代にどのような影響が出るかを考える人が少数のように思えます。例えば明確に環境に影響の出ない廃棄方法が分からない原子力発電。

本来自然の力を借りて生きている人間が消費させてもらったものはその後に土にかえるような「循環する考え」でモノ作りをしていくことが理に適っているように思えてきました。

個人的にこれからの人間の進化はある意味「昔に戻る」事となりそういう未来を目指すことになるのではないかと考えています。

自分たちの今の幸せだけではなく子孫の代の幸せを考えて生きるようになりたいと思います。

広告