法人化を目指しております。

今年も後1か月という慌ただしい時に法人化を目指して準備作業をしております。理由は様々あるのですが「気が熟した」という言葉が一番ぴったりくるように思います。

来年応募予定のビジネスコンテストの資格が法人格であること、昨年入選したあるコンペに今年は落選し、頂いた総評に「法人化して全国展開を目指してください」とのコメントを頂いたこと 等々。

様々なピースが徐々に近寄ってきてピタっと一つになったような気持ちです。

環境が変わることに対しての不安はありますが、死ぬまで続ける気持ちで今までもやってきた仕事の数々を対外的に「覚悟表明」するような意味があります。

組織は最小限から始めますが、多くの企業や団体、組織の方々と引き続きそして新たに協業をさせて頂きたいと考えております。よろしくお願い致します。

まずは途中経過でした。

 

広告

皆様ありがとうございます。

10月31日付けの読売新聞の朝刊「顔」欄にリエゾン・デートルの教育事業である「世界ビト図鑑」の制作と出前授業について取り上げて頂きました。これも一重に叱咤激励・応援を頂いている皆様のお蔭です。心より御礼申し上げます。

6月に最初に取材を頂いた時には教育欄への掲載の予定だったのですが、その後「顔」欄への掲載の方が良いのではと社内で検討してくださった経緯があるとお聞きしました。その後何度も何度も取材を重ねて頂き、授業の見学もして頂いて私の行っている事業への理解を深めて下さりました。お陰様でとても分かり易くポイントを押さえた内容を書いていただき本当にありがたく思います。

私の活動は現在は様々な方の支援を頂きながら、でもまだ個人の活動の域を出ていません。個人で出来る事の精一杯の今を取材頂いたと思っています。

これからは「独り」で頑張るではなく、「子どもたちの明るい未来を築く」「世界を視野に活躍する人材を育てる」という同じ理念を持った企業や団体・個人の方々と力を合わせて活動を広げていきたいと考えております。私の出来る事は精一杯やらせて頂きます。何か私でお手伝いが出来る事があれば是非お声掛け頂ければ幸いです。

20151031読売新聞朝刊「顔」欄