[世界ビトになろう!]出前授業 外国語を使って何をするか。

「世界ビトになろう!」の出前授業では語学を学ぶ重要性をお伝えしています。日本語だけでは世界の人とはコミュニケーションを取る際に限界があります。少なくとも世界共通語とも言われる英語は会話や基本的な情報を理解する程度には力を付けておきたいものです。そのようにお話すると「英語だけ身につければ良い」と思ってしまう学生の方もいらっしゃいます。ところがそうではないのです。

「日本で日本語が話せるからといってどんな仕事にも就く事ができますか?」とよく質問させて頂くのですが、言葉を話せるという事はコミュニケーションを取るための道具を身に着けているという事にすぎません。外国語を使って「何を」伝えるかがとても大切です。学生の皆さん一人一人が興味のある事、得意な事、専門で学んでいる事を発信する為に言語を使えるようになることが重要です。

世界に視野を広げて活躍をするためにはまずは自分の専門を掘り下げる。それを世界に発信するための道具としての語学を身に着けるという事をして頂きたいと思います。

海外から日本語を学びに来日されている外国人の生徒の皆さんにも「日本語以外に何を勉強すれば良いですか?」と質問されることがあります。その時には「来日前に学んでいた専門分野は何ですか?もしくは日本に来てからとても関心のある分野は何ですか?」とお聞きしてそれらの分野の知識を増やしその分野を日本語で発信できるようにすることをお勧めしています。

自分の得意分野を外国語で表現できるようになると、とても楽しいし、やりがいも感じる事ができると思います。語学を勉強されている皆さんは是非その感覚を味わって頂きたいなと思います。

外国語をつかってなにをする

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中