世界遺産を知り関わる。

14055020_1080600238685662_2513899105414528361_n

2016年8月20日か23日までの4日間、フィリピンから視察で訪日された一行に通訳として同行をさせて頂きました。目的は「棚田の保存活動を学ぶ」でした。

フィリピンからの来訪者はユネスコの世界遺産に登録をされている棚田を有するフィリピン・バナウェア市の市長と棚田を保全している農家の方々、棚田の保全を支援している民間企業の経営陣の方々でした。日本の農業系ITの企業が視察を企画して受け入れを行い、今回は九州の様々な棚田を訪ね日本での棚田の保全と現状を学ぶ内容でした。

弊社の仕事は各地で行われた視察研修会時のプレゼンや質疑応答の通訳が主でしたが、とても深い学びを得る内容でした。棚田はフィリピンで2000年、日本でも600年を超える歴史があります。そして水田としての役割だけではなく、文化的・歴史的・宗教的にとても大きな意味のある存在なのです。とは言えその管理と保全はたやすく行えるものではなくフィリピンの棚田は世界遺産の中でも消滅の危機に瀕する「危機遺産」としても登録されており、かたや日本でも農業人口が減り耕作放棄地が増えているのが現状です。今回の視察研修では結果的に「簡単に導入できる技術や手法」が見つかったというよりは、お互いの現状を理解し「共通の課題」を認識して、今後いかに協力をして解決をしていくかという方向へ発展したように感じました。

国を越えて「棚田」という共通点を持つ人々がその保全に知恵を絞る。そのようなスケールの大きな活動に関わらせて頂けた事に感謝をしております。今回のお仕事に関わることが無ければ世界の棚田について知ることもなかったのではないかと思います。

冒頭の写真は日本の棚田。下の写真はフィリピンバナウェの棚田です。それぞれ趣があって素晴らしいと思いました。

_DSC0572

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中