顧客第一主義について(ベトナム)

14264993_1100770900001929_6371708072169653336_n

お客様に対してサービスを提供する際に予期せぬトラブルが発生すると、得てして心の中で(時には声に出して)相手のせいにして自分の気持ちを楽にしようとすることがあります。「相手が無理難題ばかり言うから」「想定外の事を依頼された」等々。日本人と仕事をしていると私の周囲でもそういう声を耳にすることが多く、どちらが悪いとか責任の押し付け合いになったりすることもありました。

現在ベトナムでクライアント企業のベトナム人スタッフ達と、ある新規顧客の対応をさせて頂いています。先日プロジェクトのピークを越えて一息ついたところなのですが、業務を遂行する際に想定外の事やトラブルが多く発生してどうやって解決するかを皆で常に頭を悩ませていました。その際になんとも清々しい気持ちを感じている自分に気が付きました。それはベトナム人のチームメンバーのマインドに「顧客のせいにする」という意識が全く無く、「いかにプロフェッショナルに顧客にとって最適な解を探すか」という意識で解決にあたっていたからでした。

「トラブルが起きてしまった事はしょうがない。何とか解決しよう」「未然にトラブルを想定してお客様と対応策を練るところまで出来なかったという点ではこちらに落ち度はないか?」「お客様任せではなく双方にとって利益となる最適な解決策は何か」という視点を常に持ち、気が遠くなるような作業が発生してもゴールを目指してとにかく前に進めるという姿勢に一緒に働いていてとても感動しました。

チーム内部ではより良いサービスを提供する事と、費用対効果についてなど「最善とは何か」についてかなり激しい討論もありましたがそれはあくまでお客様にとり何がベストかを意識しての事。どこの国にも色々な性格の人がいてベトナム人全てが同じ考え方ではありませんが、お国柄として誠意のある対応をされる方が多いという印象を持っています。

私も常日頃お客様にとってのベストを考えながら仕事をさせて頂いていますが「もっと掘り下げて顧客のために考えられないか」など彼らの姿勢から学び精進していきたいと思いました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中