会社とは

様々な手法で企業の経営を立て直し、企業内でのダイバーシティ促進でも著名なカルビー株式会社会長兼CEOの松本晃さんのお話を伺う機会がありました。とても印象に残る言葉が「会社は魅力的な人間を育てるところ。現在の日本の会社の多くは不幸な人間を作っている。それは変えなくてはいけない」でした。

時間に対して給与を払うのではなく、その人の能力やパフォーマンスに対して評価をして対価を支払いたいと仰る言葉が心に残りました。残業代ではなく給与や賞与で会社の評価を示すという姿勢は働く側の意欲も高めかつ自らの能力を活かして競争力のある人材を育てる事になるのではないかと思いました。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中