インドネシアの英語教育

先日インドネシアからの来訪者とお話をする機会がありました。お一人はオーストラリアへの留学エージェントをされている方で教育環境に詳しい方でした。

インドネシアでも英語教育は熱心に行われており子供を留学させたいと思う保護者がとても多いそうです。最近では語学の習得は早くから始めた方が良いとの考えから小学校低学年で海外留学をする子供達も多くなってきているのですが帰国後やや問題が生じ始めているそうです。

それは、子供達が柔軟に環境に適応する年頃である事から留学先の国の文化に影響をされ過ぎてしまい自国の文化や教養を否定するような子供たちが増えてしまっているという事でした。アメリカに留学すれば「アメリカは素晴らしい。インドネシアは遅れている」という考えです。

お会いしたお二人はインドネシアの文化や歴史に誇りを持っており、海外の文化に染まってしまう子供達の様子に自国を大切に思いつつ、ツールとしての英語を身に着ける為にはどうしたら良いかを考えているとの事でした。

私自身も子供に英語を教える時期については慎重に考えました。日本語を正しく使い、日本についての理解を深められるようになってからが良いのではないかと考え子供が大人が読む小説を読み始めた小学校4年生から英会話を教え始めました。そして海外の文化を学ぶことは大切であるし日本との文化の違いを実感する事も大切ではあるが、どちらかが良いという事ではないと伝え続けました。

外国語はあくまでもツールです。子供達が学ぶのに最適なタイミングと共にその言葉を使って自分や自分の国を伝えられるようになることを周囲も心がける必要があると考えます。MONAS

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中