起業についての出前授業

無題

千葉経済大学にて『ベンチャー起業論』の授業にゲストとしてお招きを頂きました。弊社は始まりは個人事業からですが2011年に起業してから7年目に入りました。現在の状況が果たして及第点の状況なのかは自己採点が出来ませんが、様々な企業、沢山の方々のお世話になり今日まで続けてくることが出来ました。

そんな私が弊社リエゾン・デートルを設立するまでの子供の頃から起業まで。そして起業後に今何をしているのか等を約80分間お話させて頂きました。

学生の皆さんには、ピンチがたとえあってもチャンスに切り替える事が出来る事。失敗や辛い事があってもそこから学ぶことはとても多い事などをお伝えしました。

授業後早速お招きを下さった根本先生から電子データでの学生の皆様の感想を頂きましたが「辛く落ち込むことがあってもそのままにしないでプラスに変えて行きたい」「今日話を聞いて前向きに仕事をし、諦めずに自分を信じていれば必ず結果が出るという事がわかりました」など授業をしっかり聞いて下さったことが伝わる言葉が溢れており感激しました。

何名か声を掛けて下さり会話をさせて頂いた学生の方もいらして私なりに質問に応えたりエールを送ってみたりしましたがうまく伝わっていると良いなと思います。

「人生は異なる形の階段を上るようなもの。私のように時にライフステージの変化で立ち止まり仕事から離れて戻る『踊り場』のある階段もあれば、知識を常に身に着ける『収納付き』階段や、緩やかに着実に上るらせん階段などそれぞれの生き方にあった階段を昇れば良いのでは」とお伝えしました。

「自分らしく生きる」こと。それは考え方次第で出来ることと私は信じています。

24019750_1689556877754438_1688636014_n

広告