私、少し怒っています。

最近学校の授業で生徒の皆さんにお会いする度に「AI(人工知能)が人間のしている仕事を将来担うようになり、今ある仕事の5割が無くなると言われている事を知っていますか?」と質問をしています。殆どの学生がメディア等で伝えられているこの情報を知っています。そして「その事をどう思う?」とお聞きすると皆さん口を揃えて「不安です。就職できるか、働き続けていけるのか心配です」と答えます。

私は、これからの日本を担う学生の皆さんをむやみやたらに不安にさせるこのような無責任なメディアの報道に対して少々怒っています。何故かというと職業と言うものは新陳代謝を常にしているものであり時代や社会の変化に合わせて淘汰されるべきものは淘汰されそして「新たに必要な職業」が生まれているからです。今ある仕事がなくなるのはある意味当然の事なのです。

今ある仕事は無くなる可能性が大きいが、それは歴史上では当たり前の事。これからは新たな仕事が次々に生まれる事、更に自ら生んでいく事が出来るのかを考える事が大切であると子供達に伝えるべきではないでしょうか。そして社会環境は変化して当たり前、就職後も働く環境は常に変化していくので、そのような変化に順応する力が必要になると伝えることが大切だと思います。

いまだに保護者の方から「安定した仕事」につく事、「大企業」に勤める事を勧められていると学生の方から聞く事が多いです。親世代はそのような感覚で生きて来られていますが、これからの世の中では働く組織に依存した安定ではなく、臨機応変・柔軟に自らの力を発揮できることこそが必要になると思います。「自らの力」とは何か、どうやってその力を伸ばしていくかを真剣に考える事が大切です。親世代も自分の生きてきた経験だけでは情報は充分ではない事に気づくべきでしょう。

学生の皆さんに職業の新陳代謝の話をする際に150年程度前の江戸時代に最も重要とされていた「武士」が今はいないこと。その例からも職業に変遷がある事がわかることをお伝えするとみんな「確かに!」と納得してくださいます。そして「武士」がいなくても何不自由なく生きている事を理解すると「今ある職業の約半数が無くなる」という事に対しても不安を感じることなく「自分たちでどんな仕事を作ればよいのか」と前向きに考え始めてくれているように感じています。

大人の私たちが伝えるべき事は不安をあおることではなく、未来への希望なのではないかと私は思います。AI

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中