自分で判断するために情報を集める

皆様明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

昨年は「世界ビト図鑑」第二シリーズの制作に着手をし、Vol.11としてインドネシアで活躍中の加藤ひろあきさんのインタビューを公開することが出来てとても嬉しく思っております。第一シリーズと併せて教育機関、ご家庭などで視聴頂き「世界と繋がって生きていく事」を感じて頂ければと願っております。(株)リエゾン・デートルはこれからも教材や出前授業などでグローバルな環境で活躍する子供たちが一人でも多く育っていくように尽力して参ります。

さて、話は変わりますが新年早々海外出張をして参りました。その際に現在のアメリカについてアメリカ国籍の友人とたまたま出会った方にお話を聞く機会がありましたのでご紹介します。現在のトランプ政権についてです。友人はオバマ政権によりマイノリティが平等に扱われることになった反動でマジョリティであった白人社会に不満が溜まっていたのではないかとトランプ大統領が選挙戦に勝利したことを分析していました。実際にアメリカ各地を訪問してみると白人で失業して本当に貧しい暮らしをしている人を沢山目にする事になるとの事でした。そのような人達の中には多様な人種や、不法就労をしている人を保護する政策はおかしいと考えられているというのです。またたまたま飛行機で隣に座ったアメリカ人の女性はトランプ政権下で海外からの留学生などに対して人種的偏見・差別的な行動をとる人が増えていると仰っていました。アメリカ第一主義の意識が強くなっているというのです。アメリカは日本人の多くが考える「自由と差別のない国」ではもはやなくなりつつあるのかもしれません。

メディアの情報とは少し異なる個人の意見。どちらが正しいという事は判断は出来ません。私は出来るだけ多くの情報を様々な方法を通して収集して自分なりの考えを持つように心がけなくてはいけないと考えます。メディアの情報だけを盲目に信じるのではなく、出来るだけ幅広く多角的な視野で物事を見られるようにしていきたいと思います。そして人から聞いただけの情報ではなく可能な限りその地に足を運び「自分が肌で感じた感覚」を大切に判断が出来るようになりたいものです。

真実は一つではなく「正しい」と思われることも実はひとりひとり異なります。自分の経験値から「自分として正しい」解を求め、生きていきたいと思います。

広告