多様性の受け入れ方について

Diversity-and-Inclusion

先日保育士をされている友人から外国の子供さんに対して日本人の子供たちが肌の色の違いなどから違和感を感じてしまいなかなか仲良くなれないというお話を伺いました。

私は現在は肌の色の違い、同性愛の方達、障害のある方達に対して気負うことなくお話をすることが出来ますが、生まれた時から理解が出来た訳ではありません。子供の頃は白人の方の肌の白さや目の色の違いが怖く感じて、国際結婚をした叔父のお嫁さんに対してどう接して良いか分かりませんでした。けれども何度も会って話を聞いたり一緒にご飯を作ったりしているうちに徐々に普通に接することが出来て仲良くなれました。次には黒人の方に対して同じような感覚を持ちました。生まれてから中学生になるくらいまで黒人の方と話したりするチャンスが無かったのでとても不思議で目を見てお話が出来るまでとても時間がかかりました。けれども何度もお会いしているうちにやはり慣れていきました。

次は同性愛の方達。20代になるまで私の周りには同性愛の方は見当たらず、接する機会がありませんでした。そして私は20代半ばでとても素敵な男性に恋をして3年くらい片思いをしました。自分から好意を示したりもしたのですが、ある時その男性から実は自分は同性愛で男性のパートナーがいると告げられました。自分が彼の恋愛の対象ではないという事に大きなショックを受けましたが、反面実はとても身近に同性愛の方がいて彼の素敵な人柄や思わず笑顔にさせられるユーモアのセンスに魅かれていたので、同性愛である事から彼の人間性を否定するような事をせずに理解をすることが出来ました。実は彼に出会うまでは想像の世界だったので同性愛の人は変わっている人達なのではないかという偏見を少し持っていました。けれども彼を好きになってから同性愛だと分かった事で無意味な偏見を捨てる事が出来ました。

障害のある方には、社会人になってから様々な場所でお会いする機会がありご自分なりに障害を乗り越えて自分らしく生きている姿を拝見して自らの生き方を顧みるきっかけを頂いています。

これらの自分の経験から言える事は、やはり実際に様々な方と出会い関わることが大切で、関わることで相手を理解することができる、違いを自分なりに受け入れる事が出来るという事です。誰でも今まで自分が見慣れていた人達と異なる人がいれば不自然に感じます。けれども慣れてくれば一緒にいる事が自然になります。

今日本ではインクルーシブ教育(全ての個性を包含する教育、発達段階や障害などの区別なく共に学ぶ教育)の必要性が問われています。様々な個性を持つ子供たちが同じ空間で学ぶことが出来れば、ひとりひとりに違いがある事を理解し「違って当たり前」と思えるのではないでしょうか。

個性豊かな子供たちが共に学ぶ際に必要になるのは個性を伸ばす教育者と教育システムの存在です。現在の教育システムのままで、個性を伸ばす教育を期待しては先生方の負担が重くなるばかりです。これからの日本は少子高齢化の社会。少ない子供に対して沢山の大人がいます。多様な個性が共に学ぶ環境に経験豊富な高齢者の参画を促して手厚く子育てをしていく事は出来ないのだろうかと思います。様々な制度の見直しが必要になるとは思いますが、多様性を受け入れ、子どもの個性を伸ばす教育を基点に考えていく事が大切だと考えます。

こちらのブログでは今年は海外の教育事情をご紹介して、日本の教育に導入できることはないのか等考えて参ります。

 

広告

不器用の強み

1503469777-job_biyoshi_13_main

先日美容師さんと子どもの個性についての話をしていました。美容師さん曰く「器用であるとある意味成長の幅が大きくならない時もあるのですよ」と。彼は沢山の若いスタッフを育ててきた経験があるのですが、不器用なスタッフは本当に一つの技術を学ぶのでも時間がかかるそうです。髪を切る仕事はとても繊細な技術が必要なので合格レベルに達するまでに人一倍練習をしなくてはならない。人より多く練習をするという事を嫌がって途中であきらめてしまう人も時にはいるそうですが、彼はとにかく練習を続ける事を勧めています。

なぜなら彼はある日気が付いたのです。自分が不器用だと分かっている人は「自分は時間をかけなくてはダメだ」と分かっているからとにかく一生懸命長い時間練習をします。そうすると徐々に力が身につき、ある時点で器用な人がする仕事よりも、丁寧に精度高く成果を出すことが出来るようになるのだという事を。「オールマイティではないけれど、例えばボブのストレートラインのカットは絶対に僕ではかなわない綺麗なラインを作り出したりするんですよ。得意があればその路線で頑張れば良いから良いですよね」

逆に器用な私の美容師さんは何でもすぐにある程度出来てしまうから、ものすごく何かに秀でていないという逆コンプレックスがあるんだと語ってくださいました。

私は実はとても不器用で何事も時間がかかるタイプです。器用な人をとにかくうらやましく思っていましたが、不器用な人には不器用な人なりの力の活かし方があるということを再発見して嬉しくなりました。

不器用であることも「ギフト=与えられた個性」なのですね。人と同じではなく「自分」らしく子供たちが力を伸ばしていけるようにと日々祈っております。

一時帰国の子供達

世界人

最近オンラインで勉強会に参加をしてグローバルな環境での教育について参加者の方と意見交換をしています。

今日はディスカッションの中で海外在住で夏休みなどに日本に一時帰国する子供達が公立の学校で短期間でも受け入れをしてもらえるというお話がありました。海外に住んでいるとその国の言葉や英語などで学習をする事が多く、日本語を話す機会もあまり多くない。母国のアイデンティティを維持する為にもたとえ短期間でも良いから日本で学ばせたいと思う保護者の方が多いそうです。

たとえ、短い期間でも毎年同じ学校に通う事で子供同士仲間意識が生まれて仲良くなったり、助け合ったりすることが出来るそうです。海外で暮らしているという事は異文化についても肌で感じている事が多いと思いますので、学校では多少の負担があっても受け入れをすると在校生に対して日本以外の国について知る機会となるのではないかと思います。

学校側は受け入れる手続きの煩雑さなどについ目が行ってしまいがちで、躊躇される学校も多いようですが受け入れをすることで得られるメリット(同じ年の日本人同士で同じ目線で異文化理解をすることが出来る)を考えて積極的に活用する方向で検討されても良いのではないかと思いました。

日本人、外国人、国際結婚をされたご家庭の子供、海外で暮らす日本人と同じ「学校」という環境にいても異なるバックグラウンドのお子さんがいる事を子供達が理解し受け入れる事はとても意味があると思います。異文化理解の始めの一歩ですね。

ギフテッド・チルドレンって知っていますか?

1848c2719c8c0c586cc505fa5d4b823e21e48d69_m

弊社が提供している「世界ビトになろう!」出前授業でまず最初に学生の皆さんにお伝えする事は「個性を知り、個性を活かす事」。

皆さんは「ギフテッド・チルドレン」という言葉を聞いたことがありますか。私は8年程前にニュージーランドの小学校を訪問した際に息子と遊んでくれた子供が「ギフテッド」だから特別な教育を受けていると聞いて「何の事だろう?」と思ったことがきっかけで色々と調べ始めました。

ギフテッドとは「ギフト(贈り物)を与えられた」という意味で、ギフテッド・チルドレンとはつまりはある分野に対して非常に高い特性を持った子供の事です。下記は知能の8分類というものでこれらの分野でどの部分が突出しているかを調べたりします。

・言語的知能:話しことばや書きことばへの感受性、言語の学習・運用能力
・論理的数学知:問題を論理的に分析する、数学的な操作を実行する、問題を科学的に究明する
・音楽的知能:リズムや音程、和音、音色の識別、音楽演奏や作曲、鑑賞のスキル
・身体運動的知能:体全体や身体部位を問題解決や創造のために使う能力
・空間的知能:空間のパターンを認識して操作する能力
・対人的知能:他人の意図や動機・欲求を理解して、他人とうまくやっていく能力
・内省的知能:自分自身を理解して、自分の生活を統制するために自己の作業モデル効果的に用いる能力
・博物的知能:自然や人工物の種類を識別する能力

ある能力に突出していると、それ以外の部分(社会的な関わり等)は苦手である子供も多くみられるようでその為に発達障害と判断されて秀でた能力を発見されることなく終わる事も多々あるそうです。世界では100人に2~3名のギフテッドの子供がいると言われており、そのような子供達を早期に発見して能力を伸ばし、苦手な部分をカバーする教育が各国で進んでいますが、日本ではギフテッドとして見つけられる子供はごく少数です。それはなぜでしょうか。

人と異なる事を嫌う国民性から保護者が自分の子供の特別な部分を隠す傾向があるからとも言われますし、子ども自身も目立つ事を避けるために能力を隠すとも言われます。また日本の教育界では特に優秀な子供を選び出すことを子供を差別する事に繋がると考えられているとも。

ギフテッド・チルドレンの発見と教育に関して日本は大変な後進国です。世界では40年の歴史を持つ学会が開かれその教育方法などが検討されています。或る研究者が『イノベーションは好きな事、楽しい事からしか生まれない」と仰っていたそうです。子供達一人一人のギフトに気づきその個性を伸ばしてあげる事は日本の将来にも大きく影響してくるように感じます。

個人的には私は天才的な子供の英才教育としてギフテッドの教育方法に注目しているのではありません。1人1人の子供がそれぞれの個性を活かすという教育方法に共感をしているのです。全ての子供がギフテッドです。授かった力を伸ばせるような教育方法が日本でも広がって行って欲しいと強く思います。

世界ビトブログは「世界を視野に活躍する子供を育てる」をテーマに発信していますが、世界各国の個性を生かした教育方法についても紹介をしていきたいと考えています。

英語教育への留学帰国生の活用

20150819230909503

小学校からの英語教育に英語が得意でない先生たちが四苦八苦していると良く聞きます。英語が得意な先生とそうではない先生がいらっしゃる事もあります。

私が仕事でよく訪問するベトナムでは英語教育が盛んで、高校生でもかなり流暢に話せているので教育関係に詳しい知人にどのように教育をしているかを聞いたところ海外留学から帰った学生が学校でアルバイト的に英語を教えているケースが多いとのことでした。

学生は本場で身に着けてきた英語を使ってお金を稼げる、国の発展にも寄与できるなどメリットが大きいそうです。そして教わる子供達も年の近い学生の方から教えてもらうのでとても英語に対して親しみやすさを感じるメリットもあるそうです。

日本では今、海外留学を国を挙げて支援していますが留学生が帰国後に学んだ言語を子どもの教育に還元することが出来たらとても良い循環ができると思いました。

先生でなくてはダメ、外国人でなくてはダメという固い頭を切り替えれば有能な人材が沢山見つかるのではないかと思います。

また帰国後にアルバイトが出来るとなると留学に対してもより前向きになるのではないかとも思います。