ギフテッド・チルドレンって知っていますか?

1848c2719c8c0c586cc505fa5d4b823e21e48d69_m

弊社が提供している「世界ビトになろう!」出前授業でまず最初に学生の皆さんにお伝えする事は「個性を知り、個性を活かす事」。

皆さんは「ギフテッド・チルドレン」という言葉を聞いたことがありますか。私は8年程前にニュージーランドの小学校を訪問した際に息子と遊んでくれた子供が「ギフテッド」だから特別な教育を受けていると聞いて「何の事だろう?」と思ったことがきっかけで色々と調べ始めました。

ギフテッドとは「ギフト(贈り物)を与えられた」という意味で、ギフテッド・チルドレンとはつまりはある分野に対して非常に高い特性を持った子供の事です。下記は知能の8分類というものでこれらの分野でどの部分が突出しているかを調べたりします。

・言語的知能:話しことばや書きことばへの感受性、言語の学習・運用能力
・論理的数学知:問題を論理的に分析する、数学的な操作を実行する、問題を科学的に究明する
・音楽的知能:リズムや音程、和音、音色の識別、音楽演奏や作曲、鑑賞のスキル
・身体運動的知能:体全体や身体部位を問題解決や創造のために使う能力
・空間的知能:空間のパターンを認識して操作する能力
・対人的知能:他人の意図や動機・欲求を理解して、他人とうまくやっていく能力
・内省的知能:自分自身を理解して、自分の生活を統制するために自己の作業モデル効果的に用いる能力
・博物的知能:自然や人工物の種類を識別する能力

ある能力に突出していると、それ以外の部分(社会的な関わり等)は苦手である子供も多くみられるようでその為に発達障害と判断されて秀でた能力を発見されることなく終わる事も多々あるそうです。世界では100人に2~3名のギフテッドの子供がいると言われており、そのような子供達を早期に発見して能力を伸ばし、苦手な部分をカバーする教育が各国で進んでいますが、日本ではギフテッドとして見つけられる子供はごく少数です。それはなぜでしょうか。

人と異なる事を嫌う国民性から保護者が自分の子供の特別な部分を隠す傾向があるからとも言われますし、子ども自身も目立つ事を避けるために能力を隠すとも言われます。また日本の教育界では特に優秀な子供を選び出すことを子供を差別する事に繋がると考えられているとも。

ギフテッド・チルドレンの発見と教育に関して日本は大変な後進国です。世界では40年の歴史を持つ学会が開かれその教育方法などが検討されています。或る研究者が『イノベーションは好きな事、楽しい事からしか生まれない」と仰っていたそうです。子供達一人一人のギフトに気づきその個性を伸ばしてあげる事は日本の将来にも大きく影響してくるように感じます。

個人的には私は天才的な子供の英才教育としてギフテッドの教育方法に注目しているのではありません。1人1人の子供がそれぞれの個性を活かすという教育方法に共感をしているのです。全ての子供がギフテッドです。授かった力を伸ばせるような教育方法が日本でも広がって行って欲しいと強く思います。

世界ビトブログは「世界を視野に活躍する子供を育てる」をテーマに発信していますが、世界各国の個性を生かした教育方法についても紹介をしていきたいと考えています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中