スリランカ訪問記(教育事情)

35282754_1752165491544785_7164419433035726848_nスリランカを訪問し現地の教育機関を訪問してきました。弊社の関心としては「グローバル化への対応」「多様性の理解」「英語教育」等がありますのでその辺りを特に重点的に学びたいと思ってリクエストを挙げていました。

今回の訪問は弊社の所属する地元の商工会議所の研修旅行で本来は現地日系企業やJETROの訪問から日本企業が訪問国でどのような経済展開をしているかを学ぶという主旨がありました。同様の主旨で前回もミャンマーを訪問しておりとても豊かな学びを得ました。

教育機関への訪問は計画当時は予定外であったのですが、研修旅行参加者の方にとっても海外の教育事情を知ることについて関心を持っていただく事が出来ました。ある意味教育は世界各国にあり未来の世界を担う子供たちを育てるという意味では目的は共通です。

さてまずスリランカの教育事情についてご説明します。スリランカは公立校であれば小学校から大学まで無償で教育を受ける事が出来ます。国民への教育は広く徹底されており南アジアインド、スリランカ、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、ブータン、モルディブの各国を含む地域)の中でスリランカは特に抜きん出て高い識字率92.6%(男性93.6%、女性91.7%)です。男性と同等に女性の識字率が高い事も特徴的です。義務教育は14歳まででその後は進学するか職業に就くかの選択がされています。大学は無償ではありますが大変な狭き門であるため入学できる学生は1万6千人前後(人口約2000万人)と限られており、更に卒業できる学生は入学した学生の5割と言われています。

前回のブログでも書きましたがスリランカは大きく分けて二つの民族が混在して構成しています。民族が多く住む地域によってシンハラ語、タミル語のみで教育を行っていますが、コロンボ、キャンディ等の都市においてはシンハラ語、タミル語および英語で教育が行われているそうです。シンハラ語とタミル語は全く異なる言語であるためその橋渡しをする役割を英語が担っており、独立前はイギリスの植民地であったことも影響してか英語を話せる人は想像以上に多く、コロンボ、キャンディなどの訪問した都市で地元の人が行くようなスーパーやお店でも英語で対応出来る方が多い印象でした。

今回訪問をしたのはWycherly International School of Colomboという全ての授業を英語で行う私立のインターナショナルスクールでした。富裕層のお子さんが通う学校と言われておりイギリスの教育メソッドを導入しているとの事でしたが、1985年に100名の生徒で始めた学校が翌年には450名に、1988年には800人、1996年には1000名を超えて2歳半から17歳までの子供たちに教育を提供しています。確実に英語での教育を望む保護者が多く存在する事が分かります。この学校の教育方針は「success through discipline (規律に基づいた成功)」と言うもので、disciplineとは「規律・躾」と訳せるのですがどこか日本式の教育と志が近いような印象を持ちました。

Symbolizing the peace and the unity Of all the nations gathered here (全てのここに集った国々の平和と統一の象徴)とは校歌の歌詞の一節ですが、スリランカ人だけではなく世界各国の子供たちが学んでいるそうで多様性を受け入れている校風がありました。日本人も少数ですが学んでいるそうでした。

授業には週一回必ず「創造性を養う」授業があり、勉強のストレスやプレッシャーから解放されるように製作物を作っているそうでした。制作物は子供同士で話し合ってテーマを決めて作っているそうです。

校舎を案内いただいてから、一つの教室に集まり先生方のお話を伺う機会を頂きました。まず驚いた事は先生方の8割以上が女性であったことです。カースト制度がまだ存在するスリランカでは女性の地位は男性よりも低く捉えられていると言われていますが、教師は女性が活躍できる職業の1つとの事でした。訪問した学校では創立33年ですが、創立以来働き続けていらっしゃる先生も多く、皆さん教職をとても誇りと思われている様子でした。

35269624_1752161321545202_3619911038226399232_n

最後に興味深いプレゼンテーションをされた先生がいらっしゃいました。「学校教育へのIT導入の意義」がテーマでしたが、SNSの悪影響やインターネット利用による子供の不適切な情報へのアクセスからIT機器の導入に対して反対する意見が多いが、これからの世の中はいかにツールを賢く管理しながら活用するかが教育現場で重要になってくる。ネガティブな要素があるから全く使用しないという事は現在の進化している技術を無視することになる。必要なことは「正しい使い方を教える事」。その為には教師が最新の技術や情報を入手してメリットとデメリットを理解し、教育的な活用方法で子供達に伝える事が大切との事でした。今まさにAIなど人間が作り出した技術が進化をしている時代、納得感のある内容でした。

こちらの学校訪問後、スリランカの都市や郊外の街をバスで移動する最中には公立の学校を多数見かけました。設備は訪問した私立校よりはシンプルですが、大きな道路沿いの目立つところに位置している事が多く教育を大切にしている国と強く感じました。

訪問の様子がインターネットニュースに記事になっておりました。ご笑覧ください!https://www.educationtoday.lk/global-tutor-japan-delegation/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中