なぜ先人は海外を目指したか。

img_56764692469bc7-thumb-autox404-43929

所属しているNPOはリタイアされた海外経験者の方々が主として子供達に経験を語るという活動をしています(私はリタイアしておりませんので行ってみればサポート要員です)。こちらの会でご自分達の若い頃は海外を目指して学び、海外で働くことは一種のステータスであったとよくお聞きすることがあります。先進国のみならず、新興国でその国の発展に寄与されたり、日本企業の展開に注力された方々ばかりです。

お話を伺っていて「なぜ今の子供達は諸先輩方の若い頃のように世界に出て行こう。世界で活躍しよう」という意識が薄いのだろうかと考える機会がありました。当時と今の違いは何だろうかと。考えて行き着いたのは「日本の状況の違い」です。

終戦後、日本は発展をしようと大きく変化をしていました。新興国と言われる国々を現在訪れると先輩達は「昭和の匂いを感じる」とおっしゃることが多いのですがそれはつまり昭和の時代は日本は発展途上で、アメリカやヨーロッパから成熟した文化、経済、技術を学ぶという姿勢だったから。現在新興国が元気で、活発なのはその国の人たちが発展を目指して活動しているから。

当時若者だった方達は世界により良い環境や情報を求めて出かけていったのではないかと思います。親戚が海外転勤をする時に家族全員で空港に見送りに行き、出発する人はどこか誇らしげな雰囲気だったのを思い出します。現在のアジア諸国の若者がアメリカや日本に留学したり働きに来たりしている状況と似ていると思います。

現在の日本は、先進国の仲間入りをしており世界都市を携える国となっています。ある意味で国として成熟しており、他の国を見習うことや目指す事をする必要がなくなって来ているのではないかと思います。学校で出会う学生の人たちも「日本は便利。日本に住んでいれば何も困らない」と口々に言います。

では、居心地の良い日本に住んでいれば良いかというと私はそうではないと思っています。ヨーロッパやアメリカでは移民の人々とどう共存するかが大きな課題になってきています。日本も徐々に海外からの居住者が増え始めており、諸外国の先人から学ぶ事がとても多いと感じています。同じ轍を踏まない知性が必要となります。また、これからは世界の情報を仕入れて世界規模で生きていく時代です。日本をコンフォートゾーンとして安住していれば、進化が止まり、それこそガラパゴスとなってしまうでしょう。日本に住む諸外国の人々により文化や習慣が築かれていくかもしれません(それはそれでありなのかもしれませんが)。

日本の住みよい環境、安全で便利であることをいかに維持し、かつ諸外国に対して独自の能力を示していくことが出来るかが私たちの役目なのではないかと思います。

それにしても、社会の変化は面白いですね。つい自分が経験したことを正として相手を見てしまう癖が人にはあることも肝に銘じて、私の提供する授業も学生の皆さんの状況や考えを想像したりしながら作っていきたいと思っています。

一概に「今の若者はチャレンジ精神足りない」というのは私は違うと思います。

広告

やっぱり日本で働きたい?

IMG_7435

最近は学生の皆さんは海外との関わりの重要性を学校で学びつつあり、大学でも短期から長期の留学プログラムのあるところがかなり多くなってきました。世界に目が向きつつある中で就職に関してどのような考えがあるのか先日高校生と大学生にヒアリングをしてみました。

国際的な感覚を養う事に注力しており、英語力もずば抜けて身につけている高校の生徒の皆さんに聞いたところその多くは「日本の大学の国際系の学部に通い、日本で就職して海外と関わる仕事をしたい」との答えでした。また海外大学に留学中の大学生や日本の私立大学の生徒の皆さんにもお聞きしたところ同じように「日本で就職したい」という答えが返ってきました。

学生の間に海外留学をして「日本以外の国を知ること」「語学力を身につけること」を実践し、その上で「日本で働く」という選択を多くの学生が異口同音に答えるのです。数年前と大きく変わってきたことは「海外に一度は出てみることが大切。語学力は必須」という考えがデフォルト化してきていることです。以前は海外に行く人はどちらかというと少数、特別な存在でした。

日本で働きたいと思う背景には何があるの?世界を知っても海外で働きたいとは思わないの?と更に突っ込んで質問してみると「世界ではどの国でも現在就職難だと聞く。治安がよく、便利で労働者に対して手厚いサポートがあり、収入もある程度安定してもらえる日本で働くことが一番安心だと思う」という堅実な答えが得られました。

少し前までは世界で夢を叶える、日本を飛び出す事が格好良いという考えもありましたが、最近は日本をホームベースとしてそこから海外と関わり、日本へ戻ってくるという考えになりつつあるのだと実感しました。インターネットの普及などでどこにいても仕事が出来る環境となりつつあり、敢えて海外に住まなくてもよいということなのかもしれません。

そのような質問をした私自身もベースは日本で、毎月のように海外に出張ベースで出かけています。家族も日本にいますので、1人の人間としての生活もこの形が便利で良いです。

1つ気をつけていることは日本にいると情報が国内限定的になりやすいことと、あまりに安全・安心な国なので世界を視野に持ち続けにくいという事への意識です。世界が大きく変化し続けている事は常に意識して、英語で小まめに情報を得ることや海外に出て実際に現地で五感で感じることを大切にするようにしています。

学生の皆さんにも海外に出て、その時の「日本と違う」という感覚を忘れないで欲しいと思います。