やっぱり日本で働きたい?

IMG_7435

最近は学生の皆さんは海外との関わりの重要性を学校で学びつつあり、大学でも短期から長期の留学プログラムのあるところがかなり多くなってきました。世界に目が向きつつある中で就職に関してどのような考えがあるのか先日高校生と大学生にヒアリングをしてみました。

国際的な感覚を養う事に注力しており、英語力もずば抜けて身につけている高校の生徒の皆さんに聞いたところその多くは「日本の大学の国際系の学部に通い、日本で就職して海外と関わる仕事をしたい」との答えでした。また海外大学に留学中の大学生や日本の私立大学の生徒の皆さんにもお聞きしたところ同じように「日本で就職したい」という答えが返ってきました。

学生の間に海外留学をして「日本以外の国を知ること」「語学力を身につけること」を実践し、その上で「日本で働く」という選択を多くの学生が異口同音に答えるのです。数年前と大きく変わってきたことは「海外に一度は出てみることが大切。語学力は必須」という考えがデフォルト化してきていることです。以前は海外に行く人はどちらかというと少数、特別な存在でした。

日本で働きたいと思う背景には何があるの?世界を知っても海外で働きたいとは思わないの?と更に突っ込んで質問してみると「世界ではどの国でも現在就職難だと聞く。治安がよく、便利で労働者に対して手厚いサポートがあり、収入もある程度安定してもらえる日本で働くことが一番安心だと思う」という堅実な答えが得られました。

少し前までは世界で夢を叶える、日本を飛び出す事が格好良いという考えもありましたが、最近は日本をホームベースとしてそこから海外と関わり、日本へ戻ってくるという考えになりつつあるのだと実感しました。インターネットの普及などでどこにいても仕事が出来る環境となりつつあり、敢えて海外に住まなくてもよいということなのかもしれません。

そのような質問をした私自身もベースは日本で、毎月のように海外に出張ベースで出かけています。家族も日本にいますので、1人の人間としての生活もこの形が便利で良いです。

1つ気をつけていることは日本にいると情報が国内限定的になりやすいことと、あまりに安全・安心な国なので世界を視野に持ち続けにくいという事への意識です。世界が大きく変化し続けている事は常に意識して、英語で小まめに情報を得ることや海外に出て実際に現地で五感で感じることを大切にするようにしています。

学生の皆さんにも海外に出て、その時の「日本と違う」という感覚を忘れないで欲しいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中