初めてのオンライン講座当日

環境

2020年3月24日(火曜日)の夜に小学校4年生から中学校3年生までの子ども達と「コロナウィルス」を通して世界を考えてみました。前回のブログでも記載しましたが、初めてのオンライン講座でした。参加された子ども達は主催者の方が開催してこられたオンラインコミュニティCo-musubi(https://www.co-musubi.com/)の参加者でもあり、Zoomでの学びにも慣れていました。

今回は「資料を少なく、質問を通して共に考える」を自分のテーマとして80分のクラスに挑戦しました。正直に言って、このような形式でのクラスは初めてでしたので、キャンプおよびオンラインコミュニティ経験者の子ども達の胸を借りるような気持ちであまりガチガチに作り込まずに最小限の資料を用意しました。

テーマとして選んだ「コロナウィルス」の状況は刻一刻世界中で変わっており、特効薬もなく各国が手探りで対峙している最中です。生死を扱うシリアスな内容でもあることから子ども達と話し合うテーマとして適切かどうか最初は悩みましたが、「世界」を考える上でこのテーマ以外に身近なものは無いとも思い直して皆さんと話し合ってみました。

まずはじめに、コロナウィルスが起きた事による影響をまず考えてみて今不安に感じていること、不便に感じていること等を列挙してもらいました。そこではあまり世界と関わる事は出てこなかったのですが、漏れ聞こえる世界の緊迫した状況が日本にも訪れるのではという漠然とした恐れの声が聞かれたりしました。その後、コロナウィルスが起きたことで何か「良い事」も起きているか考えてもらいました。今までの生活に対する反省や、家族と沢山過ごせる良さなど少し視点を変えて考える事が始まりました。

この後、コロナ以前日本企業の海外展開はどのような目的で行われていたかを資料を使って説明しました。出前授業でも使っているクイズ形式の資料です。ここで少し参加者の皆さんの思考が止まった印象を持ちました。そこまでは対話式に「問いかけ」「考えて答える」というリズムが出来てきていたのに、資料を使う事に私が重きを置きすぎてしまいモタモタしてしまったからだと思います。かなりそぎ落として用意した資料でしたが、他にもあった資料はそこで一切使う事を止めて対話だけで進めることに切り替えました。

続けてコロナ前の日本企業の業態が「コロナウィルス後」どうなるかを考えてみようとしました。少々漠然とした質問にややクイズで思考がと切れてしまった参加者の方達はどのように答えたら良いか分からず、答えが出なくなってしまいました。

お子さんと参加するという形で見守って下さっていた主催者の井上さんがすかさず助け船を出して下さいました。参加者の皆さんが過去SDGsについて学んでおり、環境問題について検討をした経験があることから「環境」と絡めて考えてみてはとご提案を頂いたのです。みな、環境問題という以前に一度深く考えた課題を思い出して、今の経験からコロナ後に何が出来るかを時間を掛けて考えていきました。

しばらく思考の時間を持った後に「将来起きうる感染症以外の災害にも今の状況は活かせるのではないか」「世界中の国が協力関係となり将来類似の感染症が出たときを想定して対応策を考えられる」「マスク、トイレットペーパーなど不足しているものを大切にして暮らしている今の生活から、無駄遣いを減らすことに気づけるのでは」「車の移動などが少なくなり大気汚染が減る」など多くの意見が出てきました。

意見を交換しているとあっという間に時間が過ぎてしまい終了の時間が近づいてきました。最後にお一人ずつ感想を頂いたのですが、とても嬉しかったことは「このピンチの状況を活かして何かを考えられないか」というマインドに皆さんがなってくれたことです。「ただ、前の生活に戻るのではなくて、今経験したことを今後に活かしていきたい」と言ってくれた参加者もいました。不自由な暮らしの中で視点を変えることは簡単な事ではありませんが、状況から学べる事は必ずあります。地球規模で起きている事を、異なる視座で見つめてみることをこれからも時々思い出してもらえたらと思います。

初めてのオンライン講座は、時に主催者の方に助けて頂きながら無事終えることが出来ました。参加者一人一人の意見がそれぞれの興味と関心の対象を表していて私にとっても学びの多い時間となりました。

振り返りをしてみると、Zoomを使った少人数のクラスでは講師と参加者の距離が近く一対一の対話が出来る事が分かりました。資料を使わなくとも口頭の説明で十分に伝わりました。どうしても見なくてはわからない情報以外は資料は不要だと感じました。

また、こちらが答えを出さない方針だからと言って、事例など私だから伝えられることまでを押さえ込む必要は無いことも分かりました。

今回はオンライン講座に慣れていらっしゃる主催者と参加者の皆さんに助けて頂きガイドを勤めることが出来ました。初心者が挑戦する上でとても恵まれた環境であったと感じています。この機会に学んだことを今後の授業に活かしていきたいと考えております。

Yoka-Yokaキャンプ主催者、参加者のみなさま貴重な機会をありがとうございました。

 

 

オンライン講座にチャレンジしました。

Educate-your-Kids-Onlineコロナウイルスの影響で学校が休校になっており、子ども達の学びをいかに支えるかと様々な団体がオンライン講座を提供し始めました。ありがたいことに、私にもお声を掛けて頂き、初めてのオンライン講座に挑戦をさせて頂きました。主催者は過去数年間にわたりオンラインで子どもと保護者を結ぶコミュニティを形成されている方で、今回は休み中の余暇の時間をオンラインのキャンプ形式で過ごすという新しい発想の講座「Yoka-Yoka(https://www.yoka-yokaonline.com/)をコロナウイルスで学校が一斉休校になった直後に立ち上げられました。「キャンプ」という名前の通り、講座の内容はお料理、昆虫の話、だじゃれ、持続可能な社会についてなど多岐にわたります。仕組みはZoomを使って子ども達が各家庭から参加をする形でした。

初めてのオンライン講座で、どのようにすれば良いのか作法が分からず、準備は試行錯誤の連続でした。まずは今まで出前授業や講演会で活用していたパワーポイントの資料を準備して主催者の方達とディスカッションをしました。すると主催者の方からは「資料はあまり必要ありません。また教えるのではなくて、テーマを提供して共に考えるという方法の方が子ども達が参加しやすいと思います」とアドバイスを頂きました。「なるほど」と思いつつ、資料を使う事で理論武装していた私にとっては、武装解除をして丸裸で対峙しなくてはいけないようなそんな気持ちになりました。とはいえ、常日頃から出前授業の内容にワークやクイズなどを入れて「共に考える」という時間を作ってはいても、どこかこちらの考えを「与える」というスタイルになりがちであったことが悩みの種でした。この機会に資料に頼らない双方向型の授業の仕方を身につけるチャンスだとも思い始めました。

主催者の方からのもう一つのアドバイスは「質問をする」ことでした。こちらから答えを出すのではなく、参加する子ども達から各自の考えを出し合ってもらいその中にひとつではない解を求めること。想定もしていなかった方向に流れていったとしても子ども達の意見に耳を傾けて委ねること。

この助言を頂いてまず始めたのは「質問」に関する本を読むことでした。「質問」をする事にあまり自信がなかったのでまずは専門家の意見を学んでみようと思ったのです。付け焼き刃ではありますが3冊ほど読みました。1冊目は美術を鑑賞する際に子ども達の思考を深める質問をする内容、2冊目は他者への問いかけと自らへの問いかけに関する内容、3冊目は生徒自身が質問を考えられるようにする方法についてでした。読めば読むほどこちらの考えを最小限にテーマのみを述べるようにして「質問」の投げかけを行い、答えに対して更に問いかけを行うことで思考を深める事の大切さが分かりました。質問は実は深い思考とともに行うと色々な意味が出てくるもので、今まで好奇心の赴くままに質問をしてきた自分の思考の浅さに気づきやや愕然となりました。

お話を頂いてから講座までの2週間位の間にした事は、資料の絞り込み(8割そぎ落としました)と質問を考える事。

今回、主催者の方にアドバイスを頂き決めたテーマは「コロナウイルスを通して世界を考える」。今一番タイムリーな話題です。とは言え、日々状況が変わっているテーマでもあるのでとても難しいテーマだとも感じました。

講座の内容は次回ご紹介したいと思います。想定外のことが沢山あり更に学びの多い時間となったことだけ先にお伝えしておきます。

今回オンライン講座にチャレンジをさせていただき、準備段階ですでに気づきの多いとても豊かな時間を過ごさせて頂きました。機会をご提供頂き心から感謝しております。